ホーム > 泌尿器科

泌尿器科・メンズヘルス

泌尿器科・メンズヘルス

専門医による泌尿器科診療

泌尿器科では腎臓から尿道まで、そして男性の場合は性殖器も含めた器官の検査や治療を行っています。
尿が出にくい、頻度が多いなど、年齢によるちょっとした症状でも、薬を使うなどして上手くコントロールすることが可能なことはたくさんあります。
「年齢だから仕方がない」と思わずに、まずは気軽な気持ちでご相談にいらしてください。

特に多い泌尿器科の疾患

前立腺肥大症
前立腺肥大症

前立腺は男性の精液を作っている臓器で、前立腺肥大症は男性特有の病気です。
前立腺肥大症とは加齢により前立腺が大きくなることで尿道が圧迫され、その結果頻尿・排尿困難といった症状が40代後半からみられます。
尿が出にくいと感じる方は、前立腺肥大症の可能性がありますので、まずは検査を受けるようにしましょう。
当院では尿道を広げるお薬、前立腺を小さくするお薬、末梢の血流を良くするお薬を、患者さまの症状に合わせて処方しております。

過活動膀胱(頻尿)

膀胱炎による後遺症やストレスなどによって膀胱の神経が過敏になり、少し尿が溜まっただけで尿意を催すようになる病気です。お薬によって症状を抑えるのはもちろん、当院では骨盤底筋と呼ばれる股間にある筋肉を鍛えることで、尿をコントロールするアドバイスも行っております。

その他

上記以外にも、血尿、尿道炎、膀胱炎、尿漏れ、排尿時の痛み、膀胱結石、前立腺がんなど、どんなことでもご相談ください。

PSA検査(前立腺検査)

PSA検査は、前立腺がんを早期に発見するための血液検査です。
PSAは前立腺特異抗原といい、前立腺の上皮細胞から分泌されるタンパクです。
前立腺炎や前立腺がんなど前立腺に炎症がおこると血液中のPSA濃度が高まります。
著明な前立腺肥大でも濃度が高まることがあります。
特に50歳以上の方には、前立腺がんを早期発見するためにとても有効な方法ですので、気になる方は一度受けるようにしましょう。

男性更年期障害の治療

男性更年期障害の治療

更年期障害になるのは、女性だけではありません。
年を取るに従って少しずつ男性ホルモンが減っていくことが原因で、男性更年期障害になるかたは少なくありません。
更年期の症状としては倦怠感・不眠・いらいら・性欲減退などを認めます。
当クリニックでは採血による男性ホルモン値検査をおこない、低下している方を対象に、男性ホルモン補充療法を実施しています。

※一部分採血は自費になることがあります。

性同一性障害(FTM)の方向けのホルモン注射

当クリニックでは女性から男性への性転換をご希望される方を対象に、男性ホルモン注射を実施しています。
治療にあたり、まずは精神科で性同一性障害の診断を受け、診断書を発行していただく必要があります。
詳細につきましてはご相談ください。

性病検査

各種性病検査を実施しています。
クラミジア、 カンジダ、淋病、 尖圭コンジローマ、梅毒などの心配がある方は、早めにご相談ください。
疑われる性病の種類によって検査方法が異なりますので、症状に合わせた検査を実施することになります。

※保険は適応になります。
※クラミジア尿道炎、淋病に関しては当日に結果の報告は出来ません。
※性病は男性患者様のみ対応になります。

ブライダルチェック
 ブライダルチェック

結婚前にご自身が細菌やウイルスに感染しているかどうかを確認しませんか?
上記の性病に加えて肝炎やエイズなども含めた幅広い項目を、一度に検査することができます。
なお採血と採尿による検査となります。

勃起不全(ED)

勃起不全には様々な原因があります。
当クリニックでは泌尿器科専門医による診察をおこない、さらにご希望される方にはバイアグラを始めとする内服薬を処方いたします。
早漏治療の内服薬も処方いたします。

子供の泌尿器のご相談

子供の泌尿器のご相談

お子さんのおねしょ、おちんちんが腫れてしまった、膀胱炎になった、包茎が気になるなど、何か心配なことがありましたら気軽に当クリニックへご相談にいらしてください。

クマモトクリニック 03-5685-0811  診療時間(予約優先) 9:00~13:00 15:45~18:45 ※休診日…火・水・土曜午後、日曜、祝日
アクセス



〒113-0022
東京都文京区千駄木3丁目37-17コスモ千駄木1F

詳しくはこちら